為替マイナスからの日記

FXトレーディングROOM

PC画面がいくつも並び、為替レート、チャートが並表示され、世界のニュースが掲示板を流れていく。


ニュースや経済紙で見る為替トレーディングルームのイメージです。


FX個人投資家の紹介記事などでも、PC画面が並ぶ部屋が写ってることがあります。


やはり、FXトレードをするなら、そのような環境で為替取引をしたくなります。


問題は、PC画面に表示する情報群です。よりよい情報で、使い易く、そしてそれらを使い結果を出すことが必要になるからです。


今まで情報をPCに表示させる場合、チャートはここ、ニュース速報ならここと、各FX会社のいいとこ取りをしていました。


しかし、最近トータル的に使い易い、トレーディングシステムを見つけました。


最初にシステムをダウンロードをする必要がありますが、クリックをしていけば勝手にセットアップできるので、難しくはありません。


このトレーディングシステムのよいところは、ダウンロードをすれば、使い易いようにデザインを変えられるところです。


基本画面は、為替レート、ポジション、注文状況、チャートで構成されています。


そして、これらすべての情報ユニットは独立しており、表示の場所を移動できたり、表示の大きさを変えられたりと、マウスコントロールを使いできます


PC画面を2つ使用なら、1つにチャートを移動させて全面表示、もう1つに他の情報表示というような事もできます。


チャートは、多機能チャートで数多くのテクニカル分析があります。


一目均衡表


MACD


スローストキャスティクスは、もちろん使えます。


この多機能チャートのお気に入りの使い方は、1つのチャート画面上に、2通貨ペアを表示させる事です。


例えば、豪ドル/円 と 豪ドル/米ドルを同時表示させる事ができます。


豪ドル/円は、クロス取引で豪ドル/米ドル⇒米ドル/円という形で取引される事がほとんどのようです。


その2通貨ペアの動きが、同時に同じ枠で見ることができるのは非常に便利です。


基本画面には、表示されていませんが、RUTERSニュースを表示させる事も可能です。


トッピクスがいくつか並び、それをクリックすると詳細情報が下部に表示されます。


また、この詳細表示が緑色の文字で雰囲気が出てます。このニュースユニットも大きさを変えたり、場所を移動させたりする事ができます。


他にも面白い表示の仕方で、ダッシュボードというのがあります。


たとえば、チャートを全画面表示させ、為替レートを見たい時にこの表示機能を使うと、マウスポインターを画面端に動かすだけで、引き出しのように、為替レート表が現れます


そして、ポインターを為替レート表から外すと、引き出しを閉めるように画面端に隠れて行きます。


クリックする必要がなく使い易い機能です。


このような、ダウンロード型のシステムでは、メールによる通知機能が無いものがほとんどですが、通知してほしい値をいれておけば、メールでも通知してくれるのも便利です。


今の使い方としては、2つの画面にこれらの情報を使い易いようにデザインしています。


1つの会社で情報ユニットが動かせてデザインできるのは、すごく使い易い表示ができます。


ここからは、このトレーディングシステムを提供してる、北辰物産『DRAGON FX24』について少し説明したいと思います。


金融庁のHPで確認すると、平成18年2月6日に金融先物取引業者登録を完了しています。(関東財務局長 (金先) 97号)


コストは、有利な設定になっています。片道10,000通貨あたり、¥150。


スプレッドも、米ドル/円、3ポイントで有利な設定です。(スプレッドは、為替変動で変化する事があります。)


口座開設もオンライン開設が用意されているので、2日もあればできると思います。(私の場合は、日曜日、夜にオンライン申込して、月曜日には完了できました。)


システムサポートは、月曜から金曜日の24時間対応で親切だと思います。


デモシステムがあるので、一度使ってみるのもいいと思います。(期間限定)


使い易いようにオリジナルデザインのFXトレーディングシステムを作り、部屋をFXトレーディングルームにしてみてはいかがでしょうか。


結構、便利だと思います。




■■ Link ■■

DRAGON FX 24


■■ 関連記事 ■■

『オセアニア経済指標 DRAGON FX 24』

2007年10月07日 18:53