為替マイナスからの日記

『ワシントンG7、これでも本当にユーロ高?』

先週末、ワシントンG7が終わり、週明けの為替相場は、どうでしょうか。


見るからに、円独歩安という感じです。


しかし、G7閉幕後の尾身幸次財務相発言内容からすると、


これは、円安ではなく、他通貨高と言う事でしょうか。


ユーロ/円は、¥120越え、これは、円安でなく、ユーロ高。


豪ドル/円は、¥100目前、これも、円安でなく、豪ドル高。


ポンド/円は、週末にくらべ1円以上、ポンドに動いていますが、これも円安でなく、ポンド高。


ということでしょうか?


金利格差で動いている相場と言われているので、低金利の円は、売られる方向。


これは、円安ではないですか?やはり、尾身幸次財務相!

■■ 関連記事 ■■


『要人発言をチェックする』

『マネーパートナーズ充実マーケット情報』

『経済指標発表値@』

■■ Link ■■

為替の王道姉妹サイト

為替の王道FX超入門

外貨MMF資産運用・外貨投資超入門

2007年04月16日 22:59