為替マイナスからの日記

『休場が多い中での経済指標発表予定』

Christmasも終わりましたが、26日市場は、休場が多いようです。


ウェリントン、シドニー、フランクフルト、ロンドン、トロント、香港、パリ、チューリッヒ、すべて休場です。


取引も閑散とした感じでしょうか。


取引量が少ないと、値動きが激しくなると言われます。


普段とは、あまり影響しない取引量でも、閑散としている相場では、影響力があり、売買された方向に値動きし易くなるからです。


経済指標などをネタに、売買が固まって入ると、値動きが大きくなる可能性が、普段よりあります。


26日(火) 経済指標発表予定


日本では、11月全国消費者物価指数


米では、12月米リッチモンド連銀製造業指数 などの発表が予定されています。


■■ 関連記事 ■■

『経済指標発表値@』

『注目される日本経済指標は?』


■■ Link ■■


為替の王道姉妹サイト

為替の王道FX超入門

2006年12月26日 00:41