為替マイナスからの日記

『米雇用統計-米失業率』

米雇用統計発表後、ドル高方向で推移しました。


非農業部門雇用者数は、予想12万5千人のところ9万2千人と下回ったものの、失業率が大幅改善しました


米失業率は、4.4%と約5年6ヶ月ぶりの低水準。


雇用者数も9月の数字が5.1万人から14.8万人と上方修正され、FRBが金利を据え置くとの見方が浮上する形となりました。


22:30の雇用統計発表直後から、ドル高方向に進み、その後そのまま推移した形です。


来週は、米中間選挙があります。この動きにも注目です。


■■ Link ■■

為替の王道姉妹サイト

為替の王道FX超入門


■■ 関連記事 ■■

『経済指標発表値@』

『ここでみられる主要国通貨金利』

『要人発言をチェックする』

2006年11月04日 16:30