為替マイナスからの日記

『円独歩安』

25日発表の(日)CPIが予想を下回った事で、円が売られる方向で進んでいます。


最近ネタがあまりなかったこともあり、反応が大きくなったのではないでしょうか。


ユーロ/円は、また過去最高値を更新するなど、円独歩安といった感じです。


CPIが予想を下回った事で、日銀による年内利上げが遠くなったと見られているようです。


金利格差は縮まらず、逆に欧州通貨に対しては拡大することも予測されています。


キャリートレードの加速もあるかもしれません。


本日、バーナンキFRB議長の講演も予定されており、ここで米金利に対するヒントが見つけられれば、また大きく値が動く事も考えられるので注目したいと思います。




■■ 関連記事 ■■

『経済指標発表値@』

『要人発言をチェックする』

2006年08月25日 23:51