為替マイナスからの日記

『円高が・・・・』

米GM会長が、「日本の金融当局は、ドルに対して人為的に円を安く抑えていると発言」という記事がありました。


米産業界にしてみれば、折角ドル安/円高が進んでいたのにまた円安!といった感じでしょうか。

ドルは、雇用統計発表後の下げ分を戻しました。


バーナンキFRB議長が、インフレ懸念発言をした事で、米利上げ継続観測が強まり、ドル高方向に進んでいるのが要因の1つです。


FRB議長の発言は影響力が大きいです。




■■ 関連記事 ■■

『要人発言をチェックする』

2006年06月07日 07:14