為替マイナスからの日記

『(米)5月雇用統計』

(米) 新規失業保険申請件数、(米) 5月ISM製造業景況指数などの指標数値が発表がありました。


これらの数値が弱かったことから、東京時間の上昇分を吐き出すかたちで、ドルは下落。


FOMCが米追加利上げするのでは?という期待感が高まっていた為、その反動という感じでしょうか。


本日も、(米)雇用統計などの発表が予定されており注目されます。


6/2 (米)経済指標発表予定

21:30 (米) 5月失業率         予測4.7%
21:30 (米) 5月非農業部門雇用者数   予測17万人
23:00 (米) 4月製造業受注指数     予測前月比-0.5%




■■ 関連記事 ■■

『経済指標発表値@』

2006年06月02日 06:58