為替マイナスからの日記

『FOMC議事録』

現地5/31(日本時間6/1)に、FOMC議事録(5/10分)が公表されます。


次回のFOMCでの利上げヒントが読み取れるかが焦点となりそうです。


先週のバーナンキFRB議長議会証言では、利上げ継続か?一時打ち止めか?の方向性は確認できなかった事から、注目度は高くなると思われます。


米雇用統計もヒントとして、注意が必要です。


ドル安容認が推測される中、利上げ一時打ち止めは、かなり大きなインパクトになると考えられます。




■■ 関連記事 ■■

『FOMCとアメリカ金利』

2006年05月29日 22:35