為替マイナスからの日記

『超低金利大国日本』

日銀金融政策決定会合で、ゼロ金利政策維持が確認されました。


量的緩和政策解除後、注目されているゼロ金利解除時期ですがまだなようです。


銀行は、預金者からお金を借りて、金利をほぼ払わずにいるわけですから儲かりますね。


銀行から融資を受けるなら有利ですが、預けるだけならがっかりする金利です。


キャリートレードではありませんが、リスクを取っても投資しようとする人は増えます。


低金利政策のおかげで、日本人のリスク許容範囲が大きくなったと言えますが、銀行は、預金者にもう少し還元を考えてもいいのでは?




■■ 関連記事 ■■

『日銀金融政策決定会合』

2006年05月21日 12:21