為替マイナスからの日記

『トリシェ総裁も』

欧州中央銀行(ECB)トリシェ総裁もG7共同声明についての見解を話したようです。


市場では、G7共同声明に世界的不均衡、中国元などが含まれていた事から、ドル安を示唆していると受け止められていました。

ユーロも対米ドルで上昇。


トリシェ総裁は、月例記者会見で「為替レートに関して、ドルとの関係においていかなる変化も示していないのは明らか。」と述べたようです。


トリシェ総裁の別発言にも為替市場は反応しているようなので、ユーロ/ドル相場はどうでしょうか。




■■ 関連記事 ■■

『要人発言をチェックする』

2006年05月05日 21:04