為替マイナスからの日記

『米住宅市場減速のかわりは?』

バーナンキFRB議長は、上下両院合同経済委員会証言の中で、米住宅市場についても言及したそうです。


バーナンキ議長の予想では、米住宅市場の冷え込みは、急激ではなく、徐々に減速して行くのではということです。


しかし、不確実性も指摘、FRBの現在予想より減速する可能性もあり、今年、来年の米経済に悪影響を与えることも考えられるとしています。


そうなると、その減速分を何かでカバーする必要が出てくるので、ドル安⇒輸出拡大⇒生産力UPという方向はどうでしょうか。


今年のドル安は、アメリカの望むところ?




■■ 関連記事 ■■

『FOMCとアメリカ金利』

2006年05月01日 07:27