為替マイナスからの日記

『G7声明 週明けの動き』

G7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)共同声明やはり、影響力は衰えずといった感じでしょうか。


原油高、中国元為替柔軟化要求。


これにより、ドル売り、アジア通貨買いが連想されたようです。


為替柔軟化、中国名指しの影響は、大きかったのではないでしょうか。




■■ 関連記事 ■■

『要人発言をチェックする』

2006年04月24日 21:54