為替マイナスからの日記

『ECB 欧州中央銀行』

FOMC(アメリカ連邦公開市場委員会)でアメリカ金利の0.25%引き上げが決定され、FF 4.75%になりました。


FOMC声明文では、5月の利上げの可能性も残されたものになっているようです。


昨日、ユーロー圏の経済指標が強かったことから、ECB(欧州中央銀行)による利上げ観測が浮上し、ユーロが上昇。


しかし、アメリカ利上げの可能性が残された事から、少しもみ合いぎみです。


(主要各国政策会合開催予定、下記リンクより確認できます。参考にどうぞ。)




■■ 関連記事 ■■

『政策金利、金融政策決定会合予定』

『FOMCとアメリカ金利』

2006年03月29日 11:06