為替マイナスからの日記

『(日)GDP速報値発表後』

(日)GDP(10−12月期一次速報)の発表がありました。


日銀量的緩和解除時期に市場が関心を示していることからも、GDP値発表の注目度が高くなっていました。


(日)GDP(10−12月期一次速報)発表値は、前期比+1.4%と予想より高い数値になりました。


強い数字が出たことから円高方向に進むかと思っていたら、逆に円安方向に進みました。


FXリアルの為替情報メールによると、これを『「噂で買い、事実で売り」のセオリー通り』となるようです。


(日)GDPが強い数値になるという予想から、すでに円は買われて前日に円高方向に進み、発表後、持ち高調整の売りが出た結果、円安方向に進んでいると言う事のようです。


発表前の動きに注意して、「噂で買い、事実で売り」になる可能性も見る必要があると覚えておきます。




■■ 関連記事 ■■

『FXリアル メール為替情報配信』

2006年02月18日 00:10