為替マイナスからの日記

『バーナンキ新FRB議長』

バーナンキ新FRB議長の米下院議会証言が、15日に予定されています。


3月FOMCでの米追加利上げに関する発言がされるかも注目されているようです。


原油価格も下落気味、インフレ懸念はどうでしょうか?


3月に追加利上げされるとしても、その先はもう・・・といった感じではないでしょうか。


日本の量的緩和は解除される方向です。


日米金利格差縮小がはっきりすれば、もう少し相場にも流れができそうですが、まだ、読み難い相場です。


もうしばらく、イベント毎に上下を繰り返しそうです。




■■ 関連記事 ■■

『FRB議長発言の影響力』

『要人発言をチェックする』

2006年02月13日 13:37