為替マイナスからの日記

『日銀政策会合』

日銀政策会合が2/8、9と開催されます。


2/9に行われる、福井日銀総裁会見で量的緩和政策解除にかんしての発言がどうなるか注目されます。


昨日、米ダラス地区連銀、フィッシャー総裁の発言から米利上げはまだ終わっていないという見方が広がりました。


FRBが利上げを継続する可能性が高まるなか、日銀政策会合で量的緩和がどう取り上げられかはやはり注意してたいところです。


まだ金利格差をネタとした為替相場は継続のようです。


明日、(豪)RBAキャッシュレートの発表があります。こちらは現状のままという見方です。




■■ 関連記事 ■■

『FOMCとアメリカ金利』

2006年02月07日 13:06