為替マイナスからの日記

『米雇用統計-非農業部門雇用者数』

2/3 米雇用統計-非農業部門雇用者数が予想25万人に対し、19万3千人増加と低い数字になったことから、米ドルは一時下落。


しかし、昨年12月非農業部門雇用者数が10万8千人から14万人と上方修正され、米ドルは上昇対円で¥119を超える場面もありました。


3月開催FOMCでの追加利上げの可能性が、失業率改善もあり、高くなると見られているようです。


日本は当面0金利、金利格差はまだ大きくなりそうです。


米雇用統計発表直後の急落ですこしあせりましたが、米ドルそのままにしておきます。


トレイリングストップにしていて、落ちれば勝手に利益確定ですから、すこし余裕で様子見です。




■■ 関連記事 ■■

『トレイリングストップ機能』

2006年02月05日 12:41