人気テクニカル分析『MACD』と『ストキャスティクス』

『ストキャスティクス』

ストキャスティクスは、買われすぎ、売られすぎを見るテクニカル分析法です。


0%〜100%まであり、K線 D線(チャートを見ると%K %Dのように表示されています。)がその間を動きます。


ストキャスティクスには、反応の速いファーストストキャスティクスと、遅いスローストキャスティクスがあり、だましの少ないスローストキャスティクスほが、よく使われているようです。


では、一般的な見方を説明します。


1つ目は、70%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎのサインと見るものです。


70%以上になったら高値圏に入ってきた、もうそろそろ下げにかわる(売られる)と判断し、逆に30%以下になったら安値圏に入ってきた、もうそろそろ上げにかわる(買われる)と判断するという感じです。


私は、精度を上げるために、これを80%以上、20%以下で見ています。


2つ目は、K線とD線が交差したら売買のサインと見るものです。


高値圏でK線とD線が交差したら売りのサイン。安値圏で交差したら買いのサインと判断する感じです。


一般的な見方は、このような感じですが注意していただきたい事があります。


なにかというと、トレンドがでている相場では、たとえ80%を超えていようと買われますし、20%を下回っても売られるということです。


このようなこともあって、「FXスイングトレードテクニック」の田平先生は、MACDと組み合わせて投資判断をされています


それも、ファーストに比べだましの少ないスローストキャスティクスを、MACDの補助と考えて判断されているようです。


実際のチャートを見て頂ければ感じをつかんで頂けると思います。実践的な使い方に関しては、田平先生の本がいいのではないでしょうか。


チャートと田平先生の関連記事をリンクしておきます。こちらも参考に見てください。




■■ 関連記事 ■■

『スローストキャスティクス 田平雅哉先生パラメーター』

『田平雅哉のFXスイングトレードテクニック』

『無料でつかえる多機能チャート』

2006年01月19日 22:49