命を懸けてやるならべつですが

『儲かっているのになぜかくるしい』

儲かっているのになぜか息苦しい、そのような経験をしたことがあります。


FXをしてしばらくたったころ、レバレッジを上げて取引をはじめました。100倍のレバレッジです。


今まで10万円の保証金で10,000ドル取引するのを、10万円で100,000ドルの取引です。


たしかに、為替差益も、スワップで1日あたり入ってくる金額も大きいし、早く儲かる。にもかかわらず、しんどいのです。


どうしてか?いま考えると笑えるぐらいに簡単にわかるはなし、自分の精神的許容範囲を超えていたからです。ところが、取引にはまってしまうとなかなか気付かないものです。


レバレッジを上げて取引すると、リターンも大きく早い。その反対に、リスクも大きく早くやってくる可能性があります。


例えば、10,0000ドル取引で相場が1銭動けば、1,000円の評価益か評価損です。10銭動けば10,000円、1円動けば100,000円。それを50,0000ドルで取引していたので5倍です。


はじめのうちは調子よくやっいてます、10万円利益だ、20万利益だというように。ところが、徐々に変化してきます。


うまくいっていて、儲かっているけれども、ポジションと逆の値動きが発生したときのことを考えて心配になってくる。


今、評価益がでているが、少しでも下がれば大きく利益も減ると考えドキドキしてくる、そして、心配でいつもトレーディング画面とにらめっこ、夜もおちおち寝てられない。


さすがに、こうなると冷静な判断ができず、だんだん悪い方向にいきます。早い利益確定、遅い損切りというパターンです。


おわかりのように私の場合は、この単位での取引が、自分の精神的許容範囲を超えていたということです。精神的許容範囲は、ひとそれぞれ余裕資金量などによっても変わってくるでしょう。


大切なことは、冷静な投資判断ができる自分の許容範囲を理解することです。それを把握した上でレバレッジをきかせ、取引単位を大きくすれば問題ないはずです。


私のような失敗をしないために、余裕の持てる単位で為替取引をして下さい。結果的にそのほうがうまくトレードできます。

2006年01月08日 14:09