損切できず利益確定がはやい私の心理状態

『早い利益確定 遅い損切り』

FXをはじめたころ、心理的要因で非合理的投資行動をしてしまうことが多くありました。


合理的投資行動とは、勝つ確立の高い投資行動、非合理的投資行動はその逆です。例えば、早い利益確定、遅い損切りというパターンも非合理的投資行動の1つといえます。


これは、利益ははやく取ってしまいたい、損をするのは嫌だという心理的要因から発生します。言い換えると、利益は小さく損は大きくですから、勝つわけがありません


確かに、100戦100勝できるひとであれば心配無用です。しかし、私を含め多くのひとにとっては難しいでしょう。では、どうすればいいのか?

『経済心理学』

「経済心理学」(日本経済新聞社)という本があります。


経済を心理面から捉え、「1+1≠2計算どおりに行かないのが経済です。」という事例がたくさん書かれています。


為替の動きも「すべてが合理的に動くわけではない」と言われるように、心理的要因が大きく影響することも少なくありません。


そして、私たちが行う為替取引に関しても、心理的要因が影響する場面がよくあるのではないでしょうか。