いつ買うのか いつ売るのか

『入口 出口』

FXでは、相場を予測し、それからいつ入るか、出るかが大切になります。


例えば、米ドル高を予測。その次は、どこで買えばいいのか、売ればいいのかを、考えることが必要です。


予測通り米ドル高に進んでも、買った時点が高値であったら、次の瞬間、下落に転じる可能性が高くなります。


そこで、テクニカル分析をつかって、現在のレートがどの位置にあるのかを分析することになります。

『為替ゾーン売買』

為替ゾーン売買は、「外国為替トレード勝利の方程式」今井先生が、プロの為替売買方法として紹介されている方法です。


今井先生のオンラインセミナーでも解説されていた為替売買方法なので、紹介したいと思います。


為替差益で儲けるには、皆さんご存知の通り、安く買って高く売るのか、高く買って安く売るのかになります。


ところが、為替の安値、高値というのは、あとから結果的にわかるもので、売買した時点では安値の底なのか、高値の天井なのか分かりません。


そこで、為替売買方法として、ゾーン売買を使います。