外国為替勝利の方程式

『外国為替トレード勝利の方程式』

『外国為替トレード勝利の方程式』は、FXで勝ち続けるのに必要なことが書かれています。


相場は、「上がる」か 「下がる」か 「変わらない」の3つしかありません。私もそうでしたが、この3状態しかないので、ラッキーで儲かることがあります。たまたま、買ったら「上がった」という感じですね。


しかし、これをつづけると確率的に負けることも当然でてきます。そして、間違った負け方をすると、一発退場になってしまう。


負けることもある、では、「FXで勝ち続ける」ということはどういうことなのか?このことを理解するのに必読の1冊だと思います。



この本は、為替トレードで勝つために必要な「内と外」について書かれています。外というのは、フャンダメンタルやテクニカル分析などの技術的なこと。内というのは、自分自身、心理的、精神的なことになります。


心理的、精神的なことは、FXをはじめたばかりでは、ピンとこないことかもしれません。それより、分析など技術的なことだけで、十分勝てるという気持ちになると思います。


しかし、実は大切なことなんです。考えてみていただきたいのですが、いくら売買技術を身につけても、実際取引するのは、自分自身、ひとであるということを。


ひとである以上、心理的、精神的なことはついてくるものです。(プロスポーツ選手が、メンタル面を大切することを考えると、わかりやすいですね。)これを理解していないと思わぬ投資行動をしてしまうときがあるのです。


著者の今井雅人先生は、元大手銀行のチーフディラーで、15年間に渡って年間を通じてマイナス成績がなかったというかたです。


チーフディラーとして、多くのディラーを見てきた実践的経験からもメンタル面の大切さを実感されたのではないでしょうか。


もちろん、「内」のことばかり書かれているわけではありません。FXをはじめたころ、なぜ?と思うことの答えが丁寧に書かれていて、「これ知りたかったんだ、こうゆうことだったのか」と思うことがたくさんあります。


そして、トレード技術としての、相場感をどう組み立てるか、売買の入口、出口をどう考えるか。チャートの考えかたなどもわかります。


この本を読めば、、為替取引に大切な「為替のシナリオ」の考え方の基本がわかるのと、実際取引をしたときにどういう考え方が「FXで勝ち続けられるのか」勝ち続けるために、負け方をどうしたいいのかという、為替売買の基本的な考えかたも理解できると思います。


考え方が基本になっているので、テクニカル分析などの具体的技術については、あまりふれられていません。


これは、考え方ができれば、技術はあとからついてくるという、今井先生の考えによるものでしょう。(セミナーでこのようなことを話されていたので)


何事にも、考え方が大切です。為替においても同じではないでしょうか。だからこそ、為替の考え方を教えてくれこの本は、たいへん勉強になりました。


あと私の希望として、今井先生は、テクニカル分析に関してもプロですので、テクニカル分析に関する本を、この本の続編として、出していただけることに期待したいと思います。


もし、あなたが『為替のシナリオ』を考える基本を身につけたいのであれば、ぜひ読んでもらいたい本です。




■■ Amazon レビュー ■■

『外国為替トレード勝利の方程式』

■■ 今井雅人先生無料セミナー情報 ■■
(セミナー情報⇒セミナーカレンダー or オンラインセミナー)

「外為どっとコム」 主催セミナー

■■ PR ■■

『今井先生セミナーDVD(無料サンプル有)』


2005年12月19日 19:09