マネーパートナーズ

『マネーパートナーズ充実マーケット情報』

「デイ☆取れ☆戦略」 外貨投資転ばぬ先の智慧」 「サイバー・トレーダの声なき声」これ何だと思われますか?


マネーパートナーズが提供しているマーケット情報の中にある、コラム、レポートの題名です。(他にもまだまだあります。)


楽しそうな題名ばっかりですよね。「為替、本日の市況」となると何か難しそうな気がして、構えて読んでしまいます。これなら、入り安いですよね。でも、内容は充実です。


あとで、実際に見てもらえばわかりますが、筆者は名前の知れた方ばっかりなので、内容が充実しているのは当然かもしれません。


しかし、これだけのレポート、コラムがあると、各記事いろいろなネタをもとに、違う題材が書かれているので、どれを参考にすればいいのか迷ってしまうかもしれません。


でも、私は逆にこれが、役立つと思います。為替の見方は1つではありません。いろいろな記事をみて考えてみることで、自分のネタを探し、シナリオを考えるセンスが磨かれるのではないでしょうか


あと提供されているもので面白いと思うのは、「日銀介入状況」です。日銀の介入状況が表になっており、これをみると2004年3月17日以降、介入がないのがわかります。データとして非常に面白いです。


他にも、「FOMCの政策動向」これはFOMCの開催日表があり、決定政策金利が載っているものです。政策内容、金利決定の判断材料に関してのコメントもあります。


もともと、マネーパートナーズに口座を開設したきっかけは、「スプレッド0キャンペーン」(現在終了)が目に付いたからです。


手数料0というのは、見たことありましたが、スプレッド0は見たことがありませんでした。


確かに手数料0というのとスプレッド0というのは、ユーザーからすればほとんど同じ意味かもしれません。でも、それを「スプレッド0」とするところに、会社のアイデアを感じました。


そして、楽しい題名のコラム、レポートです。


この楽しさとアイデアに魅力を感じました。これからも、どんどん楽しさとアイデアでサービス提供してくれることを期待しています。


2006年7月 17日から『取引手数0円』、『必要証拠金半額』などのサービスを展開しています。


手数料「0」は、コスト的に大変有利です。




■■ PR ■■


楽天グループがスポンサーのFX取引マネーパートナーズ

2006年01月14日 14:56