日本ユニコム

『有利スプレッド条件』

日本ユニコムは、投資の王道 新井先生を講師に招き、「為替セミナー通貨別テクニカル分析」を定期的に開催しています。


最近は人気で、すぐ満席になっています。人数増やしてもらえるとうれしいのですが。


他の記事に書いたように、本当に勉強になります。投資家のために、ぜひつづけてもらいたいサービスです。


新井先生は、「相場は正しい」と考え、「相場に乗る」ことにより成果を上げることを言われています。


相場に乗って成果を上げるのは、短期、中期、長期投資にしても絶対的なことでしょう。


しかし、期間が短くなり、売買を繰り返す回数が多くなればなるほど、影響してくるのが取引コストです。


取引コストには、1万通貨、片道800円などという手数料と買値、売値の差であるスプレッドといわれるものがあります。


米ドルであれば、買値(ビット)¥115.00 売値(オファー)¥115.05など5銭ほどのスプレッドがあります。


例えば、¥115.05で買って、すぐ売ったとしても5銭マイナスとなります。ということは、決済した際、この差を払っているとも考えられる。したがって、これもコストになるわけです。


日本ユニコムでは、このスプレッドが米ドル/円 3銭と条件が有利になっていて、デイトレードであれば、手数料0円です。短期投資をするのにかなり有利であると言えます。
(スプレッドは相場により変動することがあります。)


これから、この条件を使ってデイトレードをします。次回、体験レポート記事を書きたいと思います。

2006年01月14日 17:28