ひまわり証券サイバーFX

『FXデイトレード』

雑誌で「株ブロガー」と言う記事を見ました。


「株ブロガー」というのは、株での実践成績や、株の情報をブログでにしている人たちの事だそうです。


また「株ブロガー」は、デイトレードをしている方が多いようです。


為替のブログも多く存在します。その中には、FXデイトレードの実践成績が載っているものもあります。


「本日の取引回数30回、対戦成績○勝○負、収益+○○○○円」という感じです。


確認した訳ではないですが、収益からみると10万通貨単位でトレードされている感じです。


為替手数料だけでも結構かかるでしょうから、抜き幅を考えるとデイトレードは厳しいのではないでしょうか。


1万通貨あたり、片道500円で考えると、10万通貨×500円×30回=15万円。


一万通貨単位でするとしても1.5万円です


私も10万通貨単位の取引をする事があるので、以前はライブドアFXのパスポートを購入してトレードをしていました。


これは、15万円でパスポートを購入すると、1ヶ月間、取引回数、通貨単位関係なく手数料無料というものです。


先にあげた例ぐらいの取引をすれば、元は取れるぐらいの感じです。


ただ、毎月それだけのトレードをするかというと状況により違いがでます。


そこで「FXデイトレード手数料完全無料」の口座を開設しました。


その日に決済すれば片道無料なども見ますが、この口座は往復無料です。


FXデイトレードであれば、通貨単位に関係なく手数料無料です。


その為、パスポートなどのように、いくらで購入しているので、その分取引しないと損をするなどと気にする必要がありません


その分、あせりなどもなく、精神的に楽です。


この口座は、ひまわり証券 マージンFX デイトレ口座です。


通常口座とデイトレ口座があり、デイトレ口座はその名の通り、FXデイトレード専用口座です。


大きい違いは、為替手数料が完全無料。


証拠金がNOPの1%。(NOPは、Bank Of Englandが考案した適性証拠金算出方式)


取引期間が1日限定と言う事です。


NOP1%は、通貨ペアが一組の場合、1万ドルを110円で買ったとすると、


1万通貨×110円=¥1,100,000×1%で¥11,000です。
(適正証拠金を算出するものなので、通貨ペアの組み合わせによっても変わってきます。)


1日ごとにすべてのポジションは決済されます。ロールオーバーがありません。その為、スワップも付きません。(スワップ投資の場合は、通常口座での運用が必要です。)


デイトレードには、テクニカル分析ツールが欠かせません。マージンFXでも多機能チャートなどテクニカル分析ツールがあります


一目均衡表


MACDなどのテクニカル分析も使え、


月足、日足、時間足、分足などの時間設定ができます。


テクニカル分析ツールのトライアル版があり、口座開設前でも登録すれば使う事ができるので試してみるといいと思います。


ひまわり証券の事を簡単に書いておくと、平成17年11月22日に金融先物取引業者登録を完了しています。1998年国内で初めて、外国為替証拠金取引を個人向けに開始したことでも知られています。


FXデイトレードをはじめようという方に、マージンFXデイトレ口座はいいと思います。


取引単位が小さくてさも、取引回数が少なくても気にする必要なく、デイトレの為替手数料は無料です。


いらない気をつかう事なくトレードができると思います。


まだFXデイトレードをはじめていなくても、デイトレをした時、手数料が無料になる準備をしておいても損はないのではないでしょうか。


オンライン口座開設できますが、その中で取引理解度測定があります。(簡単な質問です)
ただ、いいかげんに「はい」にばかりチェックを入れていると間違いますので注意した方がいいと思います。
(でも、それだけ、資料は充実してますし、理解できるように工夫がされています。)




■■ Link ■■

ひまわり証券

2006年09月27日 20:50