セントラル短資オンライントレード

『オンライン申込でストレスを感じないFX口座開設』

私はFX数社に口座開設していますが、結構面倒です。


資料請求して、それが届くのを待って、必要書類そろえて、記入して・・・・。


その中でスムーズに口座開設できたのが、『セントラル短資オンライントレード』オンライン申し込みの利用でした。


いつでも取引できるように、FX口座開設をしておこうと思うなら、オンライン申し込みが便利です。(FXの本なんか読んだらすぐ取引したくなりますよね。)


セントラル短資のオンライン申し込みが、どんな感じだったか紹介します。


正直、FXはじめてしばらくするまで、この会社の名前知りませんでした。短資という意味もよくわかりませんでしたから。
※短資会社=短期金融市場で金融機関相互取引の仲介をする会社


少し会社について説明すると、「セントラル短資オンライントレード」は、「セントラル短資グループ」になります。
この会社の前身の1つである「山根短資」は、明治42年(1909年)に営業を開始した長い歴史をもつ会社です。


前置きが長くなりましたが、オンライン申し込みの話しに戻します。どんな、ペースで口座開設できるかというと、私の場合は、


@日曜日に、「セントラル短資オンライントレード」のホームページから口座開設をオンライン申し込み。必要事項をフォームに記入するだけです。


口座開設には、本人確認書類が必要になりますが,それは、用意されている本人確認書類FAX送付用紙をプリントアウトして、免許証のコピーを貼り付けて指定された番号にFAXするだけでした。(本人確認書類は免許証の他にも健康保険証、パスポートなどでも可。)


A水曜日AM11時に、本人確認書類受領のお知らせがメールで届き。PM2時に口座開設完了の案内がメールで届きました。それと同時にID,暗証番号を書留で送付しましたという案内が書かれていました。


B木曜日に、IDと暗証番号が書留で届き、めだたし、めだたし。あとは、入金すればいつでも取引が開始できる状態になりました。


(平日にオンライン申し込みすれば、もっと早かったかもしれません。平日に申し込みされた方いれば、教えて下さい、お願いします。)


書類記入する必要もなく、ハンコ押し忘れで書類が戻ってくることもないので、スムーズに口座開設できました。


あとは、ID,暗証番号も郵便でなく、メールでくればいいのにと思いますが。


私は、入金もインターネットバンク(ジャパンネットバンク)を使ったので、らくらく、口座開設でした。取引もオンラインでできるのですから、やはり申し込みもオンラインがいいですね。


口座開設に手間をかけたくない、オンラインで済ませたい、書類を書くのが面倒という方には、オススメです。


(2006/12/30追加記事)
2007/1/2より、セントラル短資オンライントレードでは、日短FXダイレクトのデイトレード往復手数料無料が開始されます。


※往復手数料無料適用条件、詳細に関しては、セントラル短資オンライントレード 日短FXダイレクト、HPで確認できます。



■■ PR ■■

セントラル短資オンライントレード





(初回記事作成2005-12-1215:18:09)

2006年12月30日 09:17