為替の取引場はない

『ロンドン市場』

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場、為替取引高世界一は、ロンドン市場だそうです。


世界の中心アメリカ、そのニューヨーク市場が世界一かと思っていたら違いました。


2004年の統計では、世界全取引の31%、取引高7530億ドル/一営業平均です。(東京の約4倍)


最新統計を探そうとBIS(世界決済銀行)サイトに行きましたが、私の英語力では見つけられませんでした。(英語力のあるかたはぜひ、最新情報を入手して下さい。)


世界一の取引高ということは、市場参加者の思惑が一致すれば、相場は大きく動きます


確かに、日本時間15:00〜17:00ぐらいのロンドン市場が動きだす時間帯の相場は、1日の内でも大きく動くことがあります。


ポジションを持った、初めてのロンドン市場の時間は緊張します。考えている通りならいいですが、逆に動かれると、値幅が結構大きく動くときがあるので心理的に揺さぶられることもしばしばです。


産業革命時イギリスが発展し、それと同時にロンドン市場が世界の銀行としての役割を果たしたことから、伝統的な市場と言えます。


時間帯的に、アジア、アメリカの中間帯に位置することも、各市場の参加者がロンドン市場で取引し、取引高が多くなる一つの要因と考えられます。




■■ 関連記事 ■■

『東京市場 ニューヨーク市場』

2006年02月02日 12:33