為替の取引場はない

『東京市場 ニューヨーク市場』

「本日の東京市場では、50銭の円安。そのながれでニューヨーク市場では・・」こんなことをニュースで耳にしたことがあると思います。


こんなニュースを聞きながら、「東京市場ってどこにあるのかな?何時で取引終了なのだろう?」なんて考えていました。


東京証券取引場の取引は、午後3時までだから、為替も同じかと思っていたのですが、
実は違うのですね。知りませんでした。



そもそも、東京証券取引場のように兜町にあるとか、ウォール街にあるとか、そうゆうことではなかったのです。


外貨の必要な、輸出入会社などは、銀行に注文をだします。銀行は海外銀行と銀行間取引をし、日本円を外貨に交換します。この銀行間取引市場をインターバンク市場といい、その取引は、ほとんどパソコン画面上でされます。


では、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場ってなにかというと、おもに日本人が取引に参加する時間帯を東京市場と呼び、その時間帯で取引参加者の多い地域の名前で呼んでいるということです。


ここで、大切なことがあります、そもそも私がなぜ、市場、時間帯を気にしたのか。それは、為替取引をしていると、値動きが大きくなる時間帯があったからです。


日本時間でいうと朝8時〜10時ごろ、昼3時〜4時ごろ、夜10時〜12時ごろに値動きが急に上がったり、下がったりするので、惑わされて売買してしまうことがありました。


今思うとそれが、各市場のだいたい朝方の時間帯にあたり、取引が活発になる時間帯でした。為替市場は銀行間取引がほとんどですから、銀行に勤務するひとが取引しているわけです。だから仕事をする時間帯が大体決まっていて、朝の時間帯に取引をすませてしまうというのも理解できます。


為替市場の開始時間を日本時間でまとめておくと、ウェリントン、シドニー市場 AM4:00ごろ、日本市場がAM8:00ごろ、ロンドン市場PM3:00ごろ、ニューヨーク市場がPM9:00ごろとなります。(夏時間、冬時間で1時間のずれがあります。)


各市場の時間帯による為替の動き方を知っておくと、為替取引をするのに役立ちます。


2005年12月24日 20:10