アメリカがすべて

『世界を動かすのはアメリカ』

『世界を動かすのはアメリカ』私は、はずかしながらこの常識を知りませんでした。


日本の景気が上向きだから、円高になる。これはある意味正解ですが、アメリカの都合で簡単に変わってしまいます。


このことを理解するためにも、『世界を動かすのはアメリカ』ということを知る必要があるんですね。


『アメリカの覇権主義』本とかでは、よくみる言葉ですが、ニュース、新聞では見た記憶がありません。


ニュースで「アメリカの覇権主義のため、為替を円高に誘導しています。」というようなことは、言わないですもんね。でも、言い換えるとこういうことだ、というのはたくさん思い当たります。


アメリカの財政赤字が大きい、アメリカ国債を買ってほしい。そんなとき、円高に誘導して、為替介入をさせる。日銀は大量にドル買いをし、そのドルでまた、アメリカ国債を購入する。こんなこと記憶にありませんか。


こんなときFRB議長がつぎのような発言をします。「アメリカの財政赤字は深刻な問題になる可能性がある。」この一言で、ドルが売られ、円買い、円高になります。


このような時は、日本の経済指標がわるくても関係なく円高です。ということは、逆のことも起こりえるということです。


アメリカを知らないと、日本の経済指標だけで判断したら、理解できないことが発生するのがわかります。


では、なぜこんなことがアメリカにはできるのか、大きな理由として2つあると思います。
@『世界最強の軍事力』
A『基軸通貨ドル』


次回の記事でこれをくわしく見ていきたいと思います。


2005年12月19日 02:02