FX(外国為替証拠金取引)のしくみ            

『為替証拠金取引とは』

為替証拠金取引の簡単な仕組み説明したいと思います。


普通、100万円の品物を取引すると、100万円が必要になります。当たり前ですね。それを、例えば10万円の保証金で取引するのが、証拠金取引です。


証拠金取引では、100万円で100万円分の取引をすれば、レバレッジ1倍。10万円で100万円分の取引をすれば、レバレッジ10倍と言われます。


そして、このレバレッジを効かせた取引のできることが、為替証拠金取引の持つ魅力(メリット)であり、リスクです。


外国為替証拠金取引では、売ったら買い戻す、買ったら売り戻すことを原則と考え、その際に発生した為替差益、差損を決済することを前提にしています。


例えば、1ドル=100円で1万ドルを買い(100円×1万=100万円)、これを1ドル=101円になった時に1万ドル(101円×1万=101万円)全部売ったとします。


そうすると、決済は、100万−101万=為替差益1万円がやり取りされます。1ドル=99円(99円×1万=99万)でしか売れなければ、為替差損がマイナス1万円となります。


この決済で為替差益の1万円を受け取るか、為替差損の1万円を支払うか、どちらにしても、1万円のやり取りだけしているということです。(※実際の取引では、手数料、スワップも関係してきます。)


それゆえに、10万の証拠金で1万ドルを売買することができるのです。100万円の証拠金で、レバレッジ10倍の取引をすると、10万ドル売買できます。レバレッジがなければ約1000万円以上が必要です。


例えの10倍ですから、1万円の10倍、10万円の為替差益、差損のやり取りをすることになるのです。


このように、為替証拠金取引では、少ない金額で多くの利益が上げられる反面、同じように損することも発生します。


そこで、為替証拠金取引では、リスク管理が重要になってくるのです。

2006年01月13日 19:01